MENU

シミが薄くなるという成分は?

シミって一度出来るとなかなか薄くなることがないので厄介ですよね。でも、世の中にはシミが薄くなる成分ってたくさん存在します。つまり、上手に使い続けていればきちんとシミが薄くなることは可能だということなのです。

 

ここでは、シミが薄くなる成分ってどんな成分があるのかご紹介いたします。自分のシミが薄くなるにはどの成分が良いのか見てみてくださいね。

シミが薄くなる成分

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、体の中の酵素と反応することによって、ビタミンCがつくられます。ビタミンCが体の中で浸透しやすいことがメリットで、抗酸化作用もあります。

ハイドロキノン

皮膚科でもシミ消しの処方として出される成分です。メラニンになる細胞を抑制するだけではなく、すでにあるシミにも効果を発揮することが特徴です。

フラーレン

最近人気が高まりつつある成分です。シミの元凶と言われている活性酸素を無害化してくれるので直接的な美白効果はなくても結果として肌を明るくする効果があります。

トラネキサム酸

肝斑の内服薬としても使われます。

カモミラET

カモミールから排出された成分である美白成分です。花王が独自に開発した成分としても有名です。

アルブチン

コケモモなどの植物に含まれている成分です。

フェニルエチルレゾルシノール

アルブチンの7000倍、ハイドロキノンの2100倍にもなる活性酸素を阻害する働きがあり、高い美白効果を発揮します。2009年に認められた新しい成分になります。

 

副作用がないのはどれ?

シミが薄くなる成分については、以上の成分があることが分かりました。シミが薄くなる成分って沢山あるのですね。特に一番最後のフェニルエチルレゾルシノールについては、肌の漂白剤ともいわれているハイドロキノンの2100倍の美白効果があるとのことで、これからどんどん世の中に広がっていくでしょう。

 

しかし、ここまで効果が高いと心配なのが副作用ですよね。上記の中で副作用がないのはどの成分になるのでしょうか?結論から言うと、副作用についてはどれも存在する可能性はあります。しかし、やはりカモミラETのように出来るだけ植物成分が配合されているものの方が副作用が少ないことは明らかです。

 

では、植物成分由来の美白効果が沢山入った化粧品ってどんな化粧品があるのかというと、「シズカゲル」という化粧品は肌に優しく美白効果も高いものになります。

シミが薄くなる成分についてのまとめ

シミに関することの中で、シミが薄くなる成分については沢山の成分があることが分かりました。その中でも2009年から認定されたフェニルエチルレゾルシノールについては、肌の漂白剤で知られているハイドロキノンよりも更に高い美白効果があることが分かりました。

 

では、この美白効果のある成分の中で、副作用がない成分はどれになるのかというと、どの成分にも副作用の危険は少なからずあることが分かりました。では、その中でも副作用が少ないものはどれかというと、カモミラETのように植物由来成分で出来たものが副作用が少ないことが分かりました。