MENU

シミにはハイドロキノン?そのメリットデメリットをご紹介!

シミを消したいと色々な化粧品を使っているという人はたくさんいますよね。しかし、実際に使い続けていてもシミが薄くなるには限界があります。でも、どうしてもこのシミが消したい!という時にはハイドロキノンがおすすめです。

 

ハイドロキノンは、韓国で爆発的に人気となったシミを消す成分です。美容大国韓国がシミに効果があるということで、ハイドロキノンはその後一気に世界中で人気となりました。でも、そのハイドロキノンについては、あまり詳しく理解していないという人も多いことも事実です。

 

ここでは、シミに関することの中でも、シミに効果が絶大ともいわれているハイドロキノンについてどのような成分なのかということを詳しくご紹介いたします。

 

ハイドロキノンとは?

そもそもハイドロキノンとはどんなものなのでしょうか?まずはハイドロキノンがどういったものなのか見ていきましょう。

 

ハイドロキノンとは、肌の漂白剤とも呼ばれている成分です。化粧品では、いろいろな美白効果のある成分がありますが、ハイドロキノンの効果については、メラニン色素を作り出す細胞をそもそも作らなくさせるという、シミに悩んでいる人にとってはとても嬉しい効果があります。

 

その美白効果については、美白成分でよく知られているビタミンCなどの10〜100倍くらいの効果があり、これから出来るシミを予防するだけではなく、ずっと悩んでいた今あるシミについても効果を発揮してくれるのです。

ハイドロキノンのデメリット

これだけご紹介すると、ハイドロキノンって肌にメリットしかないような気がしますが、そんなことはありません。ハイドロキノンには副作用もあり、ハイドロキノンが合わないという人も実際にはいるのです。

 

ハイドロキノンのデメリットについては、まず肌が赤く炎症したりカサカサと乾燥肌になってしまうという副作用が多くあります。特に、もともと乾燥肌だという人や敏感肌だという人はこのような副作用を起こす危険が多いです。

 

また、もう一つの副作用としては、白斑が出る可能性もあります。ハイドロキノンには、肌の色素を落とす効果がありますので、ハイドロキノンを塗った所だけが白く色が抜け落ちてしまうという副作用もあるのです。

 

ハイドロキノンは、メリットもありますが、副作用もあるということが分かりましたね。このため、乾燥肌や敏感肌の人は使用を十分に注意しながら使わなくてはいけないということが分かりました。

 

もしも、ハイドロキノンが合わなかったという人や、私の肌には無理だと感じている人は、シズカゲルというオールインワンの美白化粧品をおすすめします。こちらも美白やシミについては効果が高く、天然成分ばかりで作られているので副作用の心配がありません。

ハイドロキノンについてのまとめ

ハイドロキノンについては、確かにシミだけ見るとメリットが沢山ありましたが、デメリットとして、肌が赤く炎症したり白斑が出来るという副作用があることが分かりました。そのため、乾燥肌や敏感肌の人が使う時には注意が必要でした。